無料
エロ
動画

引っ越しました

DTIブログ閉鎖に伴いfc2ブログ(下記URL)に引っ越しました

新しい記事はコチラ↓

http://mishima13.blog.fc2.com/



How to associate with the beautiful woman who saw in the town

2013.10.25(09:36)
街で見かけた美人とデートする方法 公では語られない「異性関係の成功法則」
How to associate with the beautiful woman who saw in the town

■クリスマス前に口説きメールが増える理由

みなさんは、婚活市場が活況になる時期が1年に3回あることをご存じでしょうか。それは年末年始とお盆休み、そしてクリスマスを前にした今の時期です。

前の2つに関しては、身に覚えがある人が少なからずいることでしょう。実家に帰れば親から「あんたさぁ、いいかげん、そろそろ」と嫌みのひとつも言われ、旅行先では楽しげなカップルや親子連れを見るたびに、「来年こそは」と心に誓いを立てたりして……。そして、長期の休みということで、わが身を振り返る時間がたっぷりあるので、心機一転、婚活会社に資料請求する人が続出するというわけです。

一方のクリスマスを前にした今の時期は、言うまでもなく「独りで過ごしたくない」「今から相手を確保しなくちゃ」という理由から積極的になるのです。私の経験上、プライベートの計画性に長けた女子は、特にこの傾向が強いようです。婚活サイトを利用している私の相談者さんたちも、女性から「初めまして……」というアプローチ・メールが明らかに増加すると言います。この時期ならではの現象でしょう。

ということで、恋が実る季節を迎えるにあたって、今回は公の場では語られることのない「異性関係の成功法則」をテーマに採り上げます。「いや〜、私は間に合っていますから」というアナタも、「一言も交わさず、街で見かけた美人とデートする方法」をお教えします、といったら耳を傾けていただけるでしょうか。

それでは、本題に入る前に、まず問題です。経営コンサルタントの成功の秘訣は何でしょうか? 公の場では語られることのない成功の秘訣、というのが質問の前提です。

答えは、「業界特有の成功パターン」をどれだけ知っているか、です。

実は、コンサルする顧客の成功要因は、(程度の差こそあれ)同業他社にもそのまま当てはめることができるという事実があります。業界を取り巻く環境は同じ、顧客の要望も同じ。サービスや製品の種類も似たり寄ったり。似たようなシステムや技術を使っている。すると、抱えている悩みは同じ。だから、解決策も同じ、でいいわけです。

このため、A社で成功した手法を、同業のB社に提言し、B社で成功したら、同業のC社にも提言する。これを成功パターンの水平展開と言います。だから、経営コンサルタント成功の秘訣は、使える水平展開ネタをどれだけ持っているかにかかっているのです。

これは私だけが言っているのではありません。ルイス・ガースナーというコンサル出身の有名な経営者も、彼の著書『巨象も踊る』の中でつぶやいています。「経営コンサルタント業界の小さな暗い秘密を教えよう」と大胆な前置きをしたうえで、小売業を例に取り、決定的な要因は3つしかない。新しい道筋(=独自の戦略を策定すること)にはリスクがあるし、見つけ出すこと自体がほぼ不可能、と“控えめに”表明しています。

■コンサルの成功法則は恋愛でも同じ

恋愛にも同じことが当てはまります(ここから先は、私の友人で“その道のスペシャリスト”、一見、まじめそうな学者に見える、A君の証言に基づいています……)。

たとえば航空業界の客室乗務員さん。彼女たちが抱える悩みは同じです。同じように飛行機に乗って、同じような仕事をして、同じような職場環境で、同じような不規則な就業時間。すると、同じ悩みを抱えます。

たとえば、難関を突破してあこがれの職業についたが、2年も経つと同じ仕事の繰り返しにウンザリしてしまう。肩たたきも絶え間なくある。キャリアを生かせる仕事がほとんどなく、転職がスムーズにいかない。そして飛行機の電磁波を浴び続けると、不妊症になる(と思い込んでいる)。

つまり、「仕事辞めたい」「寿退社にあこがれる」となるわけです。

このため、彼女たちには同じアプローチ、同じ口説き文句が効力を発揮します。こうした愚痴話がでた後に、思いっきり冗談めかして

「僕と出産前提で付き合ってください」

と言うと、笑いというオブラートに包みながら、真剣な気持ちを伝えることができます。そして、結婚願望や不妊症が心配という関心事に焦点が当たっているので、訴えかける力が強いのです。

ここまで極端でなくても、業界の「内輪話」に通じるだけでも、様相は一変します。たとえば、労働条件のいい航空会社、逆に悪い航空会社の話。クレーマーの話、CAの追っかけ集団の話などを「なんかさぁ、小耳に挟んだんだけど……」と話のつなぎや質問に使うと、関心や共感を呼んで親近感がぐっと高まるのです。ちなみに、客室乗務員の人は「スッチー好きの男」が嫌いなので、会話の中でそのあたりの配慮が必要とのこと(私の友人で、一見、まじめな学者風、A君談)。

「業界」という切り口を、別の切り口に変えてみると、成功する法則が別の角度からもみえてきます。たとえば、「出会いの場」という切り口だと

●お見合いパーティにおいては、自己紹介用に使うプロフィール・カードの書き方や、女性に対する最初の声のかけ方

●婚活サイトでは、初メールの内容、2〜3回目のメールのパターン、デートに誘うタイミング、オファー内容

これらはほとんど同じです。

■ガースナーの語る成功法則

私の敬愛するモテモテおやじ、有名なファッションデザイナーのKさんは、なぜか23歳の女性が大好きで、声をかけるとき、口説くとき、まったく同じ話をしているそうです。

こうした成功パターンの水平展開も、初めの一歩が重要です。まずやってみないことには何も始まりません。そして自分なりの成功パターンを作り出し、同じことを繰り返すことで習熟度が高まっていきます。別の言い方をすると、簡単にあきらめずに、最初の成功ケースを得ることと、それをしつこいくらいに繰り返して上達することが重要なのです。

これは恋愛に限らず、どんな仕事にも共通する「成功の秘訣」ではないでしょうか。先のルイス・ガースナーも言っています。「実行こそが成功に導く戦略の中で決定的な要素である」と。

ただし、手間暇かけて“その道のスペシャリスト”を目指すなら、領域としては恋愛ではなく仕事を選ぶことをお勧めします。この2つは人間関係の構築や心の充足感という観点で、刹那か建設的かという対極性があるからです。そのことを示唆する反面教師的なエピソードを最後に紹介しましょう。

一言も言葉を交わさないまま、街で見かけたとびきり美人な女性とデートする方法です。私の友人、一見、まじめなサラリーマンB君の話です。もう、10年以上前のことでしょうか。彼はこれで5人の美女と出会いました。

やり方はこうです――。人通りが多い場所、B君の場合は有楽町マリオンが主戦場でした。そこでまず、「結構タイプです。連絡ください……」と、名刺に書き込みをして、それを4つ折りにします。

すごい美人を見つけたら、そっと背後から忍び寄り、4つ折りにした名刺をカバンや買い物袋に黙って投げ込むのです。これを数十人の女性にします。すると1〜2人の美人からメールが来るという寸法です。

当時のB君はまだまだ若く、いわゆるやんちゃ盛り。一時期、これにどっぷりハマってしまいました。B君いわく「ハラハラ・ドキドキ感がたまらない……」そうです。

名刺を投げ入れる瞬間はスリリングだし、何十人もの女性に対して名刺を投げ入れているので、会う瞬間まで、どの美人が待ち合わせ場所に来るかわからない。だから「ハラハラ・ドキドキ」なのだそうです。

そう私に語ったB君は数カ月後、さらにスリリングな出来事に遭遇します。勤務する会社の人事部に呼び出されて、厳重な注意勧告をくらったのです。きっと、名刺を投げ入れらた女性が、B君にではなく会社に通報したのでしょう。

もともと、B君がこれを始めたきっかけは、偶然の出来事からでした。地下鉄の車内で見かけた女性に一目ぼれ。しかし周囲の目があるので声をかけられず、必死の思いの中でやってしまったこと。いわゆる「出来心」というヤツですね。

これがたまたま成功して、それに味をしめて悪乗りして、水平展開したのが運のツキ。それ相応の報いを受けたということです。しかし、B君……、僕は友人として君にお礼をいいたい。君のおバカな行為が多くの読者さんに何らかの教訓を残したはずだ。ありがとう、B君。

■人は「寂しさ」ゆえに恋をする

教訓といえば、この話から恋愛に関する原理原則がみえてきます。それは恋する心理に関すること。人はなぜ恋を求めるのかということです。

B君いわく、このやり方で連絡をしてくる女性に共通するのは、現状に何らかの不満やむなしさを感じているそうです。たとえば、彼氏との関係が冷えきっている、仕事場になじめない、疎外感を味わっている……などなど。それがゆえに、異性を求める求心力がとてつもなく強くなっていると言うのです。

この心理状態をもっとわかりやすくいうと、「寂しさ」という超不安定な心理です。

この不安定さを解消しよう、何とか安定させよう、とすればするほど、何かにすがりたくなります。それが買い物依存であったり、ドカ食いであったり、アルコールであったり、異性であるわけです。

「人は寂しさを解消させようとして恋をする」――これ、真理と思うのは私だけでしょうか。

もし、寂しさという種から芽が吹いたら、根気強く大地に根をはわせ、葉を茂らせ、豊かな実を結ばせるのか……。それとも芽を摘むことを繰り返すのか。この選択が「聖なる夜」の過ごし方を、いえ、その後の人生のあり方を大きく左右することでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事をリンクする?:


「How to associate with the beautiful woman who saw in the town」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
暴露コミュニティー (2012/10/23)
アイドルの秘宝 (2012/12/01)
女子大生が、自身の「処女」をオークションに出品 (2009/01/20)
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
検索フォーム

ゴットねえちゃん


マウスを顔に合わせて
コチョコチョ

最近のエントリー
カテゴリー
リンク

=相互リンク募集= 相互リンク可能な方はコメント欄にメモをお願いします。

RSSリンク
サイト紹介

DTIブログからのお知らせ

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

まとめブログ

close